お酒やタバコが関節痛を悪化させる?

お酒やタバコが関節痛を悪化させる?

お酒やタバコが関節痛を悪化させる?

お酒を飲んだあと、関節痛の痛みが増したと感じることはないでしょうか?
飲酒後にいつもより痛みが増すことは大いにあります。なぜなら、体内でビタミ不足が起こるからです。

 

飲酒によってアルコールを摂取すると、神経が過敏になるため、関節痛が起こるとされています。
また、アルコールの分解に水分を大量に必要とするため、バランスが乱れることも関節痛の原因のひとつです。

 

お酒を飲んで関節痛がツラいときは、お酒の飲む量を調整しつつ、ビタミン補給をしていきましょう。
ビタミンの中でも、ビタミンB1がもっとも不足しやすいとされています。食事からもとれますが、関節痛に効く医薬品の中に、ビタミンB1を配合したものもあります。
ですから、ビタミンB1を含む医薬品を活用してみましょう。
ただし、薬を飲むときはアルコールは控えるようにしてください。

 

また、関節痛が少々痛む程度でなく、激痛が走るようなら痛風の恐れがあります。関節炎が起きているかもしれません。
痛風の場合には、痛風の治療を行うようにしましょう。

 

タバコも、アルコールと同じく身体に良いものではありません。百害あって一利なしの言葉通り、吸い過ぎは関節痛の引き金になることがあります。神経痛とも関連しているため、嗜好品は控えるようにしましょう。