アイシングと温熱療法の効果

アイシングと温熱療法の効果

アイシングと温熱療法の効果

一般的にケガをしたときは、冷やしたり、温めるケアを行います。打撲などのケガを負ったとき、真っ先にアイシングを行うのではないでしょうか?
冷シップを患部に貼ったり、氷袋で患部を冷やすことがあるかと思います。筋肉痛になったときも、同様に冷やすケアを真っ先に行うのではないでしょうか。

 

実際に運動した直後や、ケガの直後は冷やした方が効果的な治療と言えます。初期状態なら冷やすことで炎症が抑えられて痛みも緩和します。

 

ところが、時間が経過したあとでは冷やしてもそう効果はありません。関節痛についても、痛みが激しい(炎症起こしている)ときは冷やした方が効果的であるものの、その後は温めた方が有効です。温シップやカイロ、入浴などで身体を温めると血流が良くなり、痛みは緩和されていきます。

 

簡単にまとめると、急性な痛みは冷やし、慢性した痛みは温めるようにしてください。

 

上記で説明しているように、冷やしたときと温めたときの効果には違いがあります。逆の処置をしてしまうと症状が悪化してしまうので注意が必要です。

 

また、冷シップの類は一時的な処置にしかなりません。改善していくためには、軟骨成分を含む医薬品を服用するなどして、ケアを行ってください。