コンドロイチン硫酸エステルナトリウムとは?

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムとは?

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムとは?

最近よく聞く「コンドロイチン」という成分名。
正式には、「コンドロイチン硫酸エステルナトリウム」と言う食物繊維の仲間です。
なんとなく骨に必要な成分というイメージはあると思いますが、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムは軟骨を構成するための成分で体内に存在しています。
その他にも、肌内部や目の水晶体などにも必要な成分です。

 

主に関節の弾力性や保水性に欠かせない役割があります。肌にとっても同じ作用が見られ、コラーゲンと似た働きを持っています。しかし、コラーゲンと同様に、加齢とともに減っていく成分でもあります。
二十歳をピークに、どんどん減っていくので補う必要が出てきます。
このコンドロイチンが不足すると、関節や骨がすり減ってしまい、関節痛を発症します。他にも、神経痛や五十肩などとも関係しています。

 

このようにコンドロイチンが不足することが関節痛の原因のひとつです。
そのことから、関節痛に効く医薬品の多くはコンドロイチン硫酸エステルナトリウムを配合しています。

 

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムは関節痛対策や痛み緩和効果の他にも、カルシウムの働きを支える役割やコレステロール増加対策などの作用も持っています。まとめると、身体の健康に必要不可欠な成分と言えます。

 

とくに30代以上で関節の痛みや肩こり、腰痛などを抱えている方はぜひ摂取したい成分です。
もともと体内で作られる成分のひとつですから副作用のリスクもありません。