ビタミンB1硝酸塩とは?

ビタミンB1硝酸塩とは?

ビタミンB1硝酸塩とは?

関節痛を緩和するためにコンドロイチンを補う努力をされている方は多いと思いますが、それだけでは十分とは言い切れません。
コンドロイチン以外にも、関節痛対策に重要な成分はあります。
まずひとつが「ビタミンB1硝酸塩」です。ビタミンB群は身体に重要な役割を持つビタミンです。
主にビタミンB1硝酸塩は、糖質を分解しエネルギーに作り替える役割をになっています。
もしもこのビタミンB1硝酸塩が不足してしまうと、疲労感や手中力の低下などの症状を起こします。
もっとも疲労回復に必要であることから、栄養ドリンクにもよく使われている成分です。

 

そして、ビタミンB1硝酸塩には、痛みを緩和する働きも期待できます。
コンドロイチン硫酸エステルナトリウムと一緒に摂取すると、今ある痛みを和らげながら根本的な原因に働きかけることができます。
とくに現代人はビタミン不足が指摘されています。お酒を飲むことでもビタミンが不足しやすくなってしまうため、積極的に摂取していきましょう。
もちろん食事からも摂れる栄養成分ですが、医薬品での補給も効果的です。