ビタミンB6塩酸塩とは?

ビタミンB6塩酸塩とは?

ビタミンB6塩酸塩とは?

ビタミンは身体に必要な補酵素であり、さまざまな種類があります。
「ビタミンB6塩酸塩」という成分も、関節痛に関わるビタミンとされています。
別名がいくつかあり、ピリドキシンや塩酸ピリドキシン、ピリドキシン塩酸塩などと言われ、医薬品の表記にも違いがありますがいずれも同じ成分です。

 

ビタミンB6には、主にタンパク質や脂質などをエネルギーに変える働きがあります。他にも疾患に対応した万能なビタミンで、貧血対策やPMSの緩和、ニキビ対策にも。
骨関連にも効能はあり、骨関節炎や骨粗しょう症予防に良いと言われています。

 

反対にビタミンB6が不足してしまうと貧血などを引き起こしやすいので、積極的に摂りたい栄養成分です。
身近な食材にも含まれていて、アボカドやバナナなどに豊富に含まれていますが、食べてもビタミンの吸収率が悪いこともあるため、サプリメントや医薬品を使う方が効率的です。

 

ビタミンB6塩酸塩はコンドロイチン硫酸エステルナトリウムなどと合わせて、関節痛に効く医薬品に配合されている成分の一種です。
摂取することで、新陳代謝が円滑になるため、痛みを緩和する働きが生まれます。