ビタミンEとは?

ビタミンEとは?

ビタミンEとは?

ビタミンにもいろいろな種類がありますが、いずれも身体に必要な成分です。
ビタミンB1をはじめ、関節痛の緩和をサポートしたり、骨の健康を維持するために欠かせないビタミンも多数。
抗酸化作用があることで有名なビタミンEも、関節痛に有効な効能があるとされています。

 

ビタミンEは抗酸化作用の他にも、血流改善や悪玉コレステロールの抑制などに有効です。
よく美容効果にも期待できることから美容サプリメントや化粧品にも使われています。
アンチエイジングに良いと言われていて、年齢を重ねた女性に嬉しい栄養成分でもあります。

 

ビタミンEとは?

 

ビタミンEのひとつの作用である血流改善効果が、関節痛を和らげる効果につながっています。
関節痛になり、血流が悪いといつも以上に痛みが増してしまいます。
ビタミンEの血流改善作用が体内で起こると、全身を血液が循環していき、活性酸素も除去して関節痛のツラい痛みを緩和することができます。この作用を持つため、関節痛の医薬品によく使われています。コンドロイチン硫酸エステルナトリウムと併せて配合しているものも多々あります。

 

そもそも身体に必要な栄養素のひとつで、補っておくことで美容サポートにはもちろん、動脈硬化や心筋梗塞などの対策にもなるため、日ごろからビタミンE補給を意識してみましょう。