メコバラミン(ビタミンB12)とは?

メコバラミン(ビタミンB12)とは?

メコバラミン(ビタミンB12)とは?

「メコバラミン」という成分を聞いたことはありますか?あまり聞きなじみのない成分名かもしれません。これは別名、活性型ビタミンB12とも呼ばれ、ビタミンの一種と考えてください。

 

関節痛の医薬品にもよく使われる成分ですから、関節痛に悩んでいる方はよく知っておきましょう。メコバラミンには、末梢神経に働きかける作用があるため、手足の痛みやしびれ、糖尿病、帯状疱疹などに効果が期待できます。

 

メコバラミンは他のビタミンと同じく、もともと体内に存在する必要な成分です。また、末梢神経の構成に関わっているので、傷ついた神経を修復する働きにも期待できます。

 

メコバラミンは、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムやビタミンB群、ビタミンEなどの関節痛の緩和に効く成分と同時に摂ることで、ツラい痛みをより効果的に和らげることができます。また、メコバラミンの働きは、ビタミンB1硝酸塩やビタミンB6塩酸塩とも働きが似ていると言われています。

 

ちなみにこのビタミンは水溶性なので、たくさん摂っても不要な分は体外に排出されます。