冷え性と関節痛の関係

冷え性と関節痛の関係

冷え性と関節痛の関係

冷え性は女性に多い体質です。足先や手先が冷えやすく、眠れない原因にもなりますが、これが関節痛とも関係しています。
夏場の暑い日でもなぜか足や手だけが冷えたりと、冷え性は非常に厄介です。

 

手や足だけなど、一部で一時的に冷える程度なら問題はありませんが、慢性化し、体が常に冷たい、寒いというときには厄介な状態です。
身体が冷えると、便秘や下痢、太りやすい体質になってしまったり、腰痛や肩こりなど関節痛もあらわれます。

 

冷え性と関節痛の共通点は、血行不良です。
身体が冷えると血管が収縮して血液が滞りやすくなってしまいます。すると、各器官や組織に栄養や酸素が運ばれず、疲労物質や老廃物が排出されなくなります。
関節にも栄養や酸素は必要不可欠ですから、血行不良になることでツラい関節痛を起こしてしまいます。
このような関係から、冷え性体質の人は関節痛になりやすいと言われています。

 

しかも、冷え性は内臓疾患を招くことがあります。
腎臓や肝臓などの重要な臓器に影響をもたらすこともあるため、冷え対策は早急に始めるべきです。
半身浴やストレッチ、マッサージ、運動などで日ごろから血行促進を行うようにしてください。