部位別の関節痛「手や腕、足」

部位別の関節痛「手や腕、足」

部位別の関節痛「手や腕、足」

関節痛は文字通り、関節に痛みが出ている症状です。
足を上げる、折り曲げる、手を挙げる下げる、何かを引っ張るなど、手や腕、足にも関節はいくつもあります。そのため、関節痛が起こって、手や腕、足に痛みが出てきます。
激しい運動をしたなどで筋肉痛で痛むこともありますが、そういった原因がなく慢性的な場合は関節痛を疑ってください。

 

 

原因や特徴

 

手や腕、足にあらわれる関節痛には2種類あります。
主に動かしたときに痛みが出ることがあるのですが、反対に何も動かしていないときに痛みが出てくることもあります。
動かしたときに痛みが出るのが関節痛です。原因は主に軟骨成分の減少です。コンドロイチンなど軟骨を構成するために必要な成分が減ってしまうことで痛みが出ることになります。
反対に動かさないときに痛みが出る場合は関節リウマチの可能性があり、ひじやひざなどにもしびれが出てきます。この場合は適切な治療が必要になるため病院で診察を受けてください。

 

処置方法について

 

そもそも関節痛の主な原因は加齢、掘り下げると年齢を重ねることによって軟骨成分が減ることにあります。手や腕、足の関節痛も同様です。
もっとも重要な成分がコンドロイチンです。
これが加齢とともに減っていくため、コンドロイチンを補給できる医薬品を服用してみましょう。
また、腕や足に適度に筋肉をつけておくことでも、関節痛対策になります。