女性特有の関節痛A生理痛の症状

女性特有の関節痛A生理痛の症状

女性特有の関節痛A生理痛の症状

妊娠や出産をキッカケに関節痛が起こることも女性特有の原因のひとつですが、毎月くる生理が関節痛を招くこともあります。
個人差がありますが、生理前、または生理中に関節に痛みを感じることはないでしょうか?

 

とくに、PMSで関節痛を感じる方が多いようです。
PMSとは月経前症候群のことで、ホルモンバランスの変化によってさまざまな症状があらわれます。
頭痛や吐き気、食欲増進、イライラ、下痢、集中力の低下などに加え、腰が痛くなるなど関節にまつわる痛みも出てきます。

 

生理中の腰の痛みもPMSと同様にホルモン変化が主な原因とされています。生理前になると体重が増加すると言われていますが、これによって関節に影響をもたらすこともあります。

 

いずれにしても、生理前や生理中の関節痛は一過性です。生理が終わりを迎える頃には症状も落ち着きます。

 

生理後も痛みが続いたり、慢性化している場合は関節痛や、その他の病気が関係しているかもしれません。
もしその場合は、早めに診察を受けて検査で原因を明確に知っておくべきでしょう。