部位別の関節痛「肘(ヒジ)」

部位別の関節痛「肘(ヒジ)」

部位別の関節痛「肘(ヒジ)」

関節痛と聞くと、「ヒザ、腰まわり」に起こりやすい症状と思われますが、関節は体中のあらゆる部分にある通り、さまざまな部位に症状が出ます。
上半身でよく使う関節といえば、ヒジです。
何かを持ち上げようとしたときや、買い物をしているとき、重い物を持ったときなどにヒジに痛みを感じることも少なくありません。

 

原因や特徴

 

ヒジの関節痛は、手や足の関節痛と似ている部分があります。
それは、原因に病気が隠れているリスクです。
素人考えで関節痛と決めつけてしまうと知らずの内に病気が進行してしまう恐れがあります。ヒジの痛みの症状が該当する病気には、リウマチや痛風といった病気が考えられます。とくに身内にこれらの病気持ちの方がいる場合は病気の疑いも捨てきれません。
関節痛である場合は、軟骨成分が不足し骨がすり減ったことや、スポーツなどでケガしたことが原因になります。

処置方法について

 

関節痛の場合は、ヒジまわりを温めたり、筋肉をほぐすことで痛みを緩和することができます。これらの方法は体外からのケアです。
内側からのケアとして、軟骨成分を補うことも効果的です。
コンドロイチンを含む医薬品を取り入れつつ、外側からのケアも同時進行で行うとヒジの痛みを緩和することができます。